Floriental Times
FF5小説メイン同人サークル Floriental のブログ
小説版FF5シリーズ・飛竜の名前とか
ちょっと原稿のノリが悪くなってるので、息抜きに駄文をば。

ウチの小説版FF5シリーズ、色々My設定を組みまくってます。
(設定組んだ1996年当時、本当に情報がなかったですからね~/苦笑)
(というか、FF5自体が今のゲームみたいな細かい設定ないですし)

記事タイトル・飛竜の名前
タイクーンの飛竜は「ユグシール」。
これ、シルドラと名前をリンクさせたんですよ。
ユグドラシル……北欧神話に出てくる世界樹。
ユグシールとシルドラを合わせて簡単なアナグラムで「ユグドラシル」。
ファリスとレナが姉妹じゃなければ、このリンクのさせ方はしなかったかも。
……クルルの飛竜の名前は「ルィスタ」なんですけど、何故この名前になったか忘却の彼方w

各地の人々の名前とか
厳密じゃないけど、タイクーンとウォルスはフランス語、カルナックはイタリア語、第2世界はドイツ語を基本に人名やら地名やら考えました。歴史上の人物とか世界地図とかを参考に。

各国の格付け@第1世界
タイクーンが一番格式が高い。現在のタイクーン王家の名前は「ユニシア」。これを第1世界の暦の名として使ってますから。ちなみに本編開始時点でユニシア暦477年。
ウォルスは昔から割とのんびりムード。
カルナックは、ユニシア暦454年頃にクーデターが起こり、暴君を倒してロル=シア家が新たに王冠をかぶる。
……名前の法則的に、「シア」が付く家は、昔からの格式高い名家だったりします。

バルとサーゲイトの関係
ガラフやゼザが生まれる前、サーゲイトが仕掛けて戦争が起こる。色々な事情の果て、新国王に即位したゼザの父がバルに和平の申し入れを行い、その誓いとして弟をバル王家に婿入りさせた。
……ガラフとゼザが従兄弟設定なのは、そういう理由なのです。

ファリスの剣“死神の剣(ルード・ラ・シェルウ)”
英語で書くとSword of Death……で合ってるのかな?
ルード=剣、シェルウ=死神。
これを思いついたのは、封印城クーザーでたまにエンカウントする「エクスデスソウル」という敵キャラが、たまに「死神の剣」という技を出してきたので。
一般には伝説上のみの存在だと思われている剣。実在してるせいで苦労する人が多発。
(ルード・ラ・シェルウについて詳しく書くと、ものすごく長くなるので割愛)

レナの二つ名“エルナンドの白き睡蓮(ヴェリアン・ファティル・ラ・エルナンド)”
ヴェリアン=白、ファティル=睡蓮、エルナンド=タイクーンとウォルスがある大陸。
……レナを白い花に例えるとき、百合じゃありきたり過ぎてつまらなかったので、睡蓮にしてみました。水に浮かぶように咲く花だし。

クルルの「外見年齢10歳児」
最初から14歳だと判ってはいた。
が、FF5を実際にプレイして受けた印象は「外見年齢10歳の霊感超強い少女」。
……というワケで、クルル=外見年齢10歳児が私の中でデフォルトになったw

大食漢バッツ
何故か「バッツ=今日も元気だメシを食いまくる」という印象が。
しかし、ラウラ(※オリキャラ)お手製10人前超の朝食は、完食がキツかったようだw
(不味くはないけど、半端じゃなく量が多すぎて)

アストネア(第1世界)とツェルラー(第2世界)
これ、外伝の構想を本腰入れて練ったとき、初めて理由が生まれたという……w
『少年剣士』で出てきますが、神の名前を分かち合って命名された世界名。
この神の名前、現代のアストネア人は知りません。時の流れに埋もれてしまった神の名。でも「神なる存在」という言い方で、クリスタル創造主以外の超越的存在を敬う想いは残ってる。
……アストネアは各国がそれぞれクリスタルを所有・守護・祭祀・時には政治利用という経緯もあって、神よりクリスタル創造主に目を向けていた結果、うっかり神の名を忘れた。時期的には500年ほど前のクリスタル変動期で世界が大混乱した頃に。

クリスタル創造主
風「シルシノン」 姿なき風霊。
水「レーヌ=ドゥーラ」 天界で最も美しい女天使。
火「トゥエル=ファリサイ」 両性具有の天使。レーヌ=ドゥーラの双子の兄(姉)。
土「ラティモア」 人間の少女で巫女。
……それぞれ、バッツ、レナ、ファリス、クルルを象徴的に。

成人の年齢
アストネア18歳。ツェルラー16歳。
ただし、アストネアには準成人というものがあり、15歳になれば結婚などが可能。

バッツのサークレット
うっかり本編第一部で描写を完全に忘れた森宮、第二部を書いてる最中に「ドルガンをサーゲイトの竜騎士だったことにする。サーゲイト竜騎士の証=銀細工のサークレット。30年前の別れの際にドルガンがゼザへ返上したサークレットを、バッツに渡す」というエピソードをほとんど即興で組み立てたw
……でもあとから読むと、30年前の物語に繋がるいい流れ。グッジョブ、自分www


メモすらしてない設定も山ほど。読み返して「これはこーゆー設定」と自分で判るんでw
書いてファイリングした設定も山ほど。流石に多すぎて覚え切れないほどになってきたw
……本当に、設定資料集として本が作れるレベルなんですよね。
まぁ外伝の話の肉付けをもっとすると、設定がさらに増えるの確実ですが。
SCC22・お疲れ様でした&ありがとうございました
当スペースまでお越し下さった皆様、本当にありがとうございます。
帰宅後、本を戻すついでに棚卸を一気にやったせいか、5日と6日は見事なまでに爆睡してましたw
厚い本と薄い本が混在するようになったので、主に高さ調整で「持ち込み過ぎてるな~」という部分もあるのですが、次回のイベント直参から展示用備品を追加で買うため、スペースの見た目をもうちょっとスッキリできると思います。
(無駄に一人ドMプレイやってるよなー。今回なんか、高さ調整のために花とゆめを6冊持ち込んだしw)
……でも、ペーパースタンドとかのインフォメーションコーナーは、最後まで削りたくない。ペーパーに目を留めて持って行って下さる方もいらっしゃるし。

沙渚 聖様、碧瀾くらげ様。
おしゃべりにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。楽しかったです~

夏コミ取れたら新刊を2冊出す予定で進めています。どちらも18禁。
ひとつは『LOVERS SS mini 4』。スパコミ直前に新しいネタが浮かんだので、いま書くのはヘビーな話は次回以降に先送り。このシリーズ、本当に次から次へとネタが浮かびますわ……謎だ。
もうひとつは『女子力アップの近道?』……ファリス総受けwww
(色々アレなんで、詳細は後ほど18禁ブログにて)
今夜あたりから本格的に書き始めます~。

『小説版FF5』シリーズは、本編の改訂版も外伝もじっくり書きたいので、忘れた頃に登場します。
やっぱり「PDFファイルより本の形がいい」という方がスパコミでもいらっしゃいましたし。
うん、じっくり頑張ります。原稿も印刷代調達も。
2013年GWイベント情報 04/29 21:40更新
※イベント終了まで随時更新します。
(掲載開始:2013/04/24 17:40 最終更新:2012/04/29 21:40)

2013年5月4日 SCC22・2日目・サークルカット
2013年5月4日(土曜日・祝日)
SUPER COMIC CITY 22・2日目/東京ビッグサイト
東5ホール は-05a
Floriental(フロリエンタル)
※高額紙幣はおつりの対応ができないことがありますので、千円札や小銭のご用意をお願い致します。


【当日頒布予定物・既刊】
※在庫のある既刊は全種類搬入します。
※詳細は通販申込フォームから御覧下さい。
【SCC22 お品書き】


【東日本大震災復興支援チャリティー実施中】
現在、売上の10%を義援金として送金しています。
イベント当日はスペース内に募金箱を設置しますので、ご協力を頂ければ幸いです。
※1月~5月分の送金先は、茨城県を予定。
http://www.pref.ibaraki.jp/
インフォメーションペーパー・バックナンバー
※PDFファイル形式です。

◆Floriental Cafe vol.7 (2013.08.12) 943KB 【DL】
◆Floriental Cafe vol.6 (2013.05.04) 1.23MB 【DL】
◆Floriental Cafe vol.5 (2012.12.30) 1.21MB 【DL】
◆Floriental Cafe vol.4 (2012.08.10) 1.39MB 【DL】
◆Floriental Cafe vol.3 (2012.05.04) 1.12MB 【DL】
◆Floriental Cafe vol.2 (2012.04.29) 837KB 【DL】
◆Floriental Cafe vol.1 (2011.12.29) 1.15MB 【DL】 ★チャイのオリジナルレシピを掲載しています
copyright © 2017 Floriental Times all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.