Floriental Times
FF5小説メイン同人サークル Floriental のブログ
地震の調査 ~2012.05.22編~
なんかいま、知的障害を持つ子供が「5.22ゆらゆら」と言っているため「5月22日に大地震が起こる」とネット上で噂になってますけど……。
この手の地震予知の噂はゴロゴロしてるから、鵜呑みにする気は毛頭ないのですが、3月に千葉県東方沖を震源とする地震を調べたとき、パターンだけ見て単純に「もしかすると5月か6月にまた大きいのが起こるかな?」と思ったデータがあるので、ちょっと書いておきます。
……記録しておいて(主に自分的に)検証していきたいとかいう理由もありますし(^^;

先に述べておきますが、千葉県東方沖は周期的な群発地震が起こる場所なので、比較に使った場所のデータと状況が一致するとは限りません。
また、ここに掲載した比較データの取り扱いは、各自のご判断の元でお願い致します。
加えて、あくまでも素人の検証だということを、あらかじめご了承下さい。

※地震のメカニズムに特別詳しいわけではないので考え込み中。途中だけど先にデータをアップします。
で、調べながら追記していこうかと。
 
 
【当ブログ参照記事】
関東地区・大規模地震に警戒・震源地@千葉県東方沖が頻発
東日本大震災と現在の千葉県東方沖震源の比較データ
地震調査はひとまずストップ

【主な外部参照データ】
◆Yahoo!天気・災害>地震情報>履歴一覧
  震源地(千葉県東方沖)
  震源地(浦河沖)
地震調査研究推進本部

【条件】
東日本大震災以降のデータ。
(あの震災で、以前までのパターンが崩れた可能性があるため)
主にM4.0以上のデータに焦点を当てる。
0.1度の緯度経度の差でも『千葉県東方沖』と『千葉県北東部』に分かれていたので、基本的には『千葉県東方沖』のデータを見ていく。


【データ列挙】

◆浦河沖
2011年09月07日22時29分。M5.1、震源の深さ・ごく浅い、最大震度5強。北東-南西方向に圧力軸を持つ逆断層型、地殻内で発生。
(その後、震度3以下の有感地震が72時間で33回発生。M2.9以下が大半だが、M3.1~3.4が5回発生)
2011年09月18日19時39分。M4.9、震源の深さ・60km、最大震度4。西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型、太平洋プレートと陸のプレートの境界で発生。
2011年09月26日16時49分。M4.3、震源の深さ・ごく浅い、最大震度4。
2011年10月07日11時51分。M4.8、震源の深さ・60km、最大震度3。
2011年10月15日17時23分。M4.2、震源の深さ・60km、最大震度2。
2011年11月24日19時25分。M6.1、震源の深さ・30km、最大震度5弱。西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型、太平洋プレートと陸のプレートの境界で発生。

以後、2012年02月18日にM4.2と24日にM4.0の地震が発生したが、いずれも震源の深さ・60km、最大震度2。03月03日(M3.8)と31日(M3.6)が発生した後、ほぼ完全に沈静化して現在に至る。

2011年09月07日22時29分~2011年11月24日19時25分までの約2ヵ月半で発生した有感地震回数・50回。
また、この期間のM3.9以下の震源の深さは『ごく浅い』か10km。
M2.9以下=38回 M3.0~3.9=6回 M4.0~4.9=4回 M5.1=1回 M6.1=1回


◆現在の千葉県東方沖

2012年03月14日21時05分。M6.1、震源の深さ・10km、最大震度5強。東西方向に張力軸を持つ正断層型、地殻内で発生。
2012年03月14日22時29分。M4.5、震源の深さ・10km、最大震度3。
2012年03月15日01時52分。M4.0、震源の深さ・20km、最大震度2。
2012年03月17日08時18分。M4.4、震源の深さ・10km、最大震度2。
2012年03月17日14時12分。M4.3、震源の深さ・ごく浅い、最大震度2。
2012年03月18日06時42分。M4.1、震源の深さ・10km、最大震度3。
2012年03月21日01時53分。M4.0、震源の深さ・30km、最大震度1。
2012年03月27日19時22分。M4.6、震源の深さ・10km、最大震度3。
2012年04月23日14時00分。M4.1、震源の深さ・20km、最大震度2。
2012年04月25日05時22分。M5.5、震源の深さ・60km、最大震度4。東西方向に圧力軸を持つ逆断層型、フィリピン海プレートと太平洋プレートの境界で発生。
2012年04月25日07時43分。M4.1、震源の深さ・60km、最大震度2。
2012年05月02日01時14分。M4.0、震源の深さ・20km、最大震度1。
2012年05月05日17時12分。M4.5、震源の深さ・40km、最大震度2。
2012年05月10日18時43分。M4.4、震源の深さ・10km、最大震度2。

2012年03月14日21時05分~2012年05月20日21時00分までの約2ヵ月間で発生した有感地震回数・93回。
内、03月14日21時05分から72時間以内で発生した震度3以下の有感地震回数・37回。大半がM3.0以上。震源の深さも10kmが大半を占める。
約2ヵ月間を通しても震源の深さは10kmが大半だが、04月25日05時22分発生のM5.5(深さ60km)より後の19回の地震のうち、深さ40km~70kmが7回発生した。
M2.9以下=5回 M3.0~3.9=74回 M4.0~4.9=12回 M5.5=1回 M6.1=1回

※千葉県北東部で、2012年04月29日19時28分。M5.8、震源の深さ・50km、最大震度5弱。東西方向に圧力軸を持つ逆断層型、フィリピン海プレートと太平洋プレートの境界で発生。

現在のところ、全体的には沈静化の傾向を見せている。


【自分的な比較&検証】
◆共通点。
浦河沖(2011/09/07)と千葉県東方沖(2012/03/14)の震度5強の後、余震が72時間で30回以上発生。
◆相違点。
浦河沖に比べ、千葉県東方沖はM3.0以上が圧倒的に多い。が、東日本大震災以前もM3.0以上が頻繁に起こる場所だった。また、東日本大震災発生以降、地震活動が活発になった領域である。
◆太平洋プレート内部の力作用の変化。
海洋研究開発機構の調査(昨年4月下旬から約2カ月間、宮城、福島両県の東にある日本海溝東の太平洋プレート上で地震を観測。南北150km、東西80km、水深5000~6000mの海域で海底地震計などを使い、プレート内地震を調べた)によれば、東日本大震災以前はプレートの深さ約20kmの浅い部分では正断層型が起き、約40kmでは逆断層型が起きていた。一方、調査期間中に分析できた50回の地震はすべて、約40kmの深い部分でも正断層型だった。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
なんかいま、知的障害を持つ子供が「5.22ゆらゆら」と言っているため「5月22日に大地震が起こる」とネット上で噂になってますけど……。この手の地震予知の噂はゴロゴロしてるから、鵜呑みにする気は毛頭ないのですが、3月に千葉県東方沖を震源とする地震を調べたとき、パ...
2012/05/21(月) 10:39:20 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2017 Floriental Times all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.