Floriental Times
FF5小説メイン同人サークル Floriental のブログ
夏コミ向け災害対策
早いもので、来週はもう夏コミ。
カタログチェックはもちろんのこと、サークルさんはPOP作成とかコピー本作成とか極道入稿追い込み超ド修羅場とかw
私もやらなきゃいけないこと、たっぷり残ってるな~。
(予定していた新刊特典本、冊子形式は諦めました。納得いかないの出したくないし。後日PDFをパスワード付ZIPで圧縮してダウンロード形式かな? PC持ってない方には申し訳ないんですけど)

さて、コミケカタログの表紙を開いた最初のページにも注意書きが載ってますが、万が一コミケ期間中に大規模な震災が発生した場合、とにかく身の安全の確保が最優先になります。
カタログから引用しながら、数点ばかりポイントを。

■当日に揺れを感じた場合
 ●頭部を保護して、姿勢を低くし、その場から動かない。
 (頭上からの落下物に注意)
 ●とにかく深呼吸して落ち着いてみる。あせらず行動し、スタッフの指示を聞く。
 (パニックを起こさないように、呼吸を落ち着けて周囲の状況を見る)
■会場から避難を行う場合
 ●スタッフの指示や誘導、館内放送をよく聞く。デマに惑わされない。
 (避難場所は状況によって変更するようなので、スタッフの誘導指示に従う)
 ●『押さない』『走らない』『騒がない』を守る。
 (私は『押さない』『駆けない』『しゃべらない』の『お・か・し』で習ったな~)
 (走って転んでケガしたら、自分の命を守るのが大変になります)
 (コミケ参加者はある意味“列移動のプロ”だということを思い出しましょう)
 (サークルさんは、悔しいけど新刊や搬入した在庫を見捨てて、貴重品だけ持って移動)

■対策用事前準備(持参するもの)
 ●スポーツドリンクなど飲み物
 ●カロリーメイト的な携行食品
 ●タオル(ハンカチの他にもあったほうがいい)
 ●ティッシュ・ウェットティッシュ
 ●汗拭きシート(ジットリ汗ばんだ肌が少しはマシになる)
 ●雨カッパとか雨用ポンチョとか
 ●持病のある方は薬とおくすり手帳
 ●バンソウコウ
 ●マスク(ホコリが多いときに役立つと、阪神淡路大震災経験者の本で読んだ)
 ●生理用品(女性・パンティーライナーだけでも、下着が替えられない不快感を緩和できます)
 ●可能なら健康保険証
……最低限で思いつくところで、こんな感じかな?
また、カートやキャリーケース、場合によってはリュックサックなどの大型バッグも「置いて逃げろ」と言われる可能性も否定はできません。
うん、一般参加者でも、悔しいかな戦利品を見捨てなきゃいけない状況になるかもしれません。
そんなとき、素早く貴重品だけ持ち出せる仕度はしておきましょう。

……で、今回、自分のサークル搬入物に貼り付けた迷子札(らしきもの?)
迷子札?
誰に公開しても大丈夫な連絡先とかを明記。
搬入物見捨てて逃げなきゃなんない事態になっても、運が良ければ手元に戻る確率が上がるかな~と。
……GWに買った小型の平台車に貼り付けるため作ってたら、ふと閃いたというw

それと、参考資料的に3年前のアニメ『東京マグニチュード8.0』。
YouTubeあたりに転がっているので、時間があれば目を通しておいたほうが良さげかもです。
■アニメとの大きな相違点
 ●コミケ期間中、お台場地区、特にビッグサイトのある島だけで10万人以上が滞在。
 (海上保安庁が水上バスなどの動員シミュレーションをどこまでやっているか不明)
 ●地上波放送。現在、東京タワーから地上波が流れています。
 東京スカイツリーでは、NHK+東京キー局が試験電波を発信、一部のFMが本放送中。


あとは、コミケ期間中に地震が起こらないことを切実に祈るのみ!

テーマ:同人活動 - ジャンル:サブカル

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Floriental Times all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.