Floriental Times
FF5小説メイン同人サークル Floriental のブログ
生活物資を求める誕生日
「東北地方太平洋沖地震(通称:東日本大震災、東北関東大震災など)」
被災地の皆様に、心からお見舞い申し上げます。
お亡くなりになられた方々に、謹んで哀悼の意を表します。
一日も早い復興と、一人でも多くの命が助かるよう、切に祈っております。
また、被災地や福島の原子力発電所で戦っている自衛隊員や作業員の皆様、どうかお気をつけて頑張って下さい。

**********

東京都練馬区の森宮家は無事です。
埼玉県蕨市で一人暮らしをしている弟が、都内の職場から帰宅難民になった可能性大ですけど、地震直後に「こっちは無事」とのメールが入ったのちは連絡がないので、まぁ大丈夫です。
(元々マメにメールする子じゃないし。状況的に、何かあったら職場からウチに連絡入るし)
岩手に祖母や叔母など親戚がいますが、二戸市や盛岡市といった内陸部なので被害は少なく、ライフラインも復旧している模様です。


◆地震当日から今日までの動き◆


【11日】
地震発生時、森宮はベッドでゴロゴロしてました。
「お~揺れとる揺れとる。震度4くらいかな~」
と、割とナチュラルに落ち着いてました。
でも2分近く続いても揺れが弱まらず、流石に嫌な予感がして起きるスタンバイ。
ママさんが台所から「起きて!!」と叫んだのと、森宮が寝室を飛び出したのは大体同時。
うっかり眼鏡を忘れてたんで、取りに戻って、パソコンを置いてある机の上のラックを押さえた直後、一気に本震が来ました。
……自分の身より、パソコンと周辺機器を守るほうを、なんとなく優先してたというかw
(私はケガしても自然治癒能力あるし保険も利くけど、機械は無理だし)
その方向性、色々間違ってるよーな気はするけど)
ちなみにママさんは食器棚を押さえてました。

揺れが収まって、被害状況をチェック。
置き方がかなり不安定だった本や薬やダンボールが落ちてきた程度。
……しかも9割が私の管轄所有物orz
まぁ1時間程度で全部片付いたんですけどね。

パソコン周りが完全に無事だったのは、主に重量があったからだと思う。
本体はガッシリしたデスクトップだし。
モニタは17インチのCRTだし。
ラックの上部に置いてたインクジェットプリンタはA3プリントできるヤツで大きい&重い、スキャナも大きい&重い。
キャスター付ラック下部に置いてたレーザープリンタは、キャスターごと見事にビクともしてない。

揺れてる最中、「パソコン起動したままだから、停電したらちょいとまずいかな~。シャットダウン間に合うかな~?」と思ってたんですが、ウチの辺りは運良く停電ナシ。
2001年に初代パソコン買った当初から「デスクトップ使うならUPSは必須」と備えてたんで、万が一のときのシャットダウン時間は稼げるんだけど、金銭的余裕なくて寿命ヤバげなバッテリーなので

練馬区は震度5弱でした。
森宮はネットとテレビで情報収集開始。弟にこっちから調べられた情報を、念のためメールで流しとく。
(JRが「今日は復旧しない」と公式発表した頃。弟の通勤手段がJRだけだから。私鉄とかはとっても頑張ったのに
ママさんは確か、延々とテレビ見てた。夜に近所の大型スーパーの様子を見に行ったんだったかな?
……拾うの忘れてた時計を拾ったら、震災時刻で止まってて、なんか生々しかった。
断続的に続く余震で、軽く酔う。


【翌12日】
森宮はひたすら情報収集。ママさんが午前中と夕方から仕事だから、私は家で待機してたほうが良さげな気がしたんで。
ママさんは、偶然にも電車に乗ってく仕事が休みだったんで、午前の仕事のあと買い出し。米がかなりヤバかったし。
……あと、18:00前に炊き上がるよう炊飯器をセットするくらいしかできなかったけど、ヤシマ作戦に協力。


【13日】
森宮は情報収集しながらmixiの二戸トピに(おせっかいかな~とか思いつつ)携帯向けの情報支援したり、岩手県内に知り合いがいるけど岩手の地理関係が判らない方に向けて(著作権的にちょいとマズイかな~とか思いつつ)ウィキペディアの地図・作成者:Lincunに全市町村名を入力してTwitterに流したり。
ママさんは仕事の前後に買い出し。……でも野菜ジュース11日分は、いくらなんでも買いすぎだよ

夜、14日からの計画停電情報が錯綜しまくる。
テレビで「東京都新座市」と堂々と発表された時点で、「これ駄目だ。続報を待とう」とネットにかじりつき。
新座市は埼玉県です。東京電力の管轄的には、東京都に組み込まれてるのかもしれないけど)
最初は東京23区は荒川区の一部しか区域内に入らない話だったけど、なんとなく23区内でもベッドタウンは組み込まれる予感がしてた。
……ビンゴ。
確か22時半頃にmixiのヤシマ作戦コミュ確認したら、東京電力公式のグループ分けPDFファイルが直リンされてるのを発見。
東京都を見ると、やっぱり練馬区の一部も組み込まれてた。
(コピペしてブログにアップして携帯向けの拡散協力しようかな~とか思ったけど、あのPDFファイル、セキュリティがかかってて、私のスキルじゃデータ抜き出し無理だった)

23時近くになって、ふと携帯しかネット手段を持ってない、地元の友達(3児の母)が気にかかり電話を入れる。朝食と夕食時間帯の第1グループだったし。
……これもビンゴ。
初めは彼女、テレビの第一報で安心しきってて、私の言葉を信用してくれなかった。
でも通話の途中でNHKから練馬区の一部も組み込まれることが報道されたり、練馬区公式の「ねりま安全・安心メール」でも詳細が入ってきたり……で、やっと信じてくれた。

通話終了してお風呂に入って、念のため情報チェックしたら、やっぱり混乱しまくってる。
私も情報欲しかったし、電話で話してた友達の『都市的サバイバル能力』がなんか前々から低いと思ってたんで(彼女の育った環境的に仕方ないんだけど)、明け方までかかってソースを確認したのち、私の持ってるライフライン関係対応も含めて情報をメールで流す。

で、全部終わって「さて、朝の停電時間帯は寝逃げ確定だな」とパソコンの電源落とそうとしたら──恒例のシャットダウン・トラブル起こしてくれやがりました。
なんとな~く何かが起こる予感はしてたけど……パソコンが私の期待を裏切ってくれやがらないのか、私の直感能力が高いのか、傾向を読みきるスキルがいつの間にかナチュラルに身についてたのか……。
セーフモードから【緊急時のエラーチェック対応】始めたのが、停電開始予定時刻1時間半前という素敵なタイミング。
(その間、次回以降に備えて、コマンドプロンプトからの操作を本でチェックしとく)
シャットダウンにメチャメチャ時間がかかり、やっとUPSの電源落として(落とさないと停電時に無駄に作動しちゃうから)ベッドに入れたのが、結局14日6時になる少し前。
……そして横になりながら、ちょっとニュース聴いてたら、第1グループの朝は回避とか言ってるし。

うん、みんなヤシマ作戦を頑張ってくれたお陰だよね♪ 電気ないよりあったほうがいいよね♪ 各方面混乱しまくってるけどね♪ どっかの女子高生が「無計画停電だ!」って怒ってたけどね♪ 個人的にも思いっきりムカついたけどね♪


【14日】
気を取り直して昼近くまで寝て、夜間停電に備えて電池探しの旅に出る。レトルトカレーを必要な分だけ買いながら。
12日にヤシマ作戦のことがTwitterで流れた時点で電池買いに行かなかったのは、完全に私のミス。
(ただ、何故か知らんけど、12日に「電池買いに行こうかな~。でもなんかメチャメチャ面倒な気がするんだよな~。いいや、パスしよう~」と思った。※のちに理由が判明する)

10以上のお店を(入荷予定訊きながら)探した末に、とりあえず単4乾電池(ラジオ用)&単3乾電池だけは確保。
単3が確保できた理由:298円の電池が880円の場所に置いてあったからw
……でもランタンは単1、懐中電灯は単2がないと、あるいは単3を何本かまとめて単1や単2として使えるケースがないと、携帯の簡易充電器用にしか非常時には使えないのよね~。ペンライトも売ってなかったし。

帰り道に寄った100均ローソンで、単3が欲しいけど買えなくて困ってるおばあちゃんに、私が買えたお店の情報教えてあげた。他の人も買えるように298円の単3を残しといたし。
(でもうっかり値段の棚のこと言うの忘れちゃったんだよな~ あのおばあちゃん、ちゃんと298円の買えたかな~?)

懐中電灯の電池、3時間なら2日は辛うじて乗り切れそうだったから、帰宅後は懐中電灯を手にしてスタンバイ。
……第1グループの停電回避ですか、そーですか……。

夜、「ねりま安全・安心メール」が入り、私が住んでる場所は第1グループの区域から外されてた。NTTの拠点があるからかな?
……12日に「電池買いに行くの面倒だな~」と、なんとなく思った理由、コレ。
実は白状すると、子供の頃から私の全く気負いがない「なんとなく」な行動や感情って、かなりの確率で後から上手い方向に反映されるんですよ。「何が・いつ・どこで反映」までは流石に不明だけど。
今年の2月5日にICレコーダー買ったときもそう。FMラジオ付にするかしないかで迷って、結局FMラジオ付を選んだし。(それまで我が家には携帯ラジオが皆無だった)

念のため、電池探しの旅は翌日以降も続行しようと決意する。いつ事態がどう転がるか判らないし。


【15日】
紙類が、我が家の使用量と残数を考えたら結構ヤバい状態だったんで、トイレットペーパーとティッシュペーパーを買いに、朝から近所のドラッグストアに並ぶ。入荷予定情報を仕入れてたし。
うっかり寝坊して少し遅くなったけど、超ギリギリでなんとかゲット。

電池探しの旅は空振り。まぁダメモトだったからねぇ。
でも完全にウォーキングのつもりで旅してたから大丈夫w
(この状況、何気に楽しんでます。不謹慎だとは思うけど、何かを乗り切るのには楽しんじゃうのが一番)
どこのお店もヤシマ作戦で超節電モード。だけど買い物には全然支障ない。つーか普段があまりにも無駄に電気点けすぎ。

大型スーパーに行ったときに思ったけど、ガソリン不足の折に車で乗りつけて、食料やら水やらを箱買いするのは人としてどうよ? 購入制限かけない店側も悪いけど。
……ママさんから凄い話を訊いた。その大型スーパーに50箱入荷した2Lペットボトルの水を、20箱も一人で買ったオッサンがいたそうな。1箱6本×20箱=120本。このオッサン、人間的に割と残念かも。

で、帰宅したら、ママさんが誕生日ケーキ買っといてくれた
今年は状況的に誕生日やケーキなんて二の次にしてたから、嬉しい~♪
友達からも「おめでとう」メールがきた~♪

「今年の誕生日は、忘れられない誕生日だねっ」と友達からのメッセージ。
折角なんで誕生日の足跡的に、mixi日記を書いたのち、この記事を書いてます。
ちなみに。この記事の時刻は、私の誕生時刻に合わせておきました
(実際に書き上げてアップしたのは、16日に入ってからですw)



以下、地震のことで、ちょっと厳しいことを書いてます。
怖がりな方は読まないほうが良さげかもです。
 
 
 
 
【精神的『備蓄』のススメ】


私は初めて経験した震度5弱の地震の、揺れの一番激しいときでも比較的冷静でした。
以前に庭で一服してたとき、震度4の地震に見舞われても、電線眺めて「揺れとる揺れとる」と笑い飛ばしてました。

その理由は、東京直下型大地震が来ることを、常に頭に入れてるからです。
11日の地震の最中、「直下ならこの程度じゃ済まないはずだ」と思ってました。
実際、12日15時57分の地震も、揺れ方からすぐに直下型(あのときは東京湾震源)と気づきましたし。

「いつ来てもおかしくない」と言われ続けてる東京直下型大地震がなかなか来ないで、他の地域から大きな地震が起こっている状況、「東京の外堀を埋めてから、トドメに東京直下だね」と常日頃からママさんと話してます。

この記事を書いてる最中にも、静岡県東部を震源とするマグニチュード6.0・最大震度6強の地震が起こりました。

11日の三陸沖震源のマグニチュード9.0・最大震度7(日本独自の“震度”は7までしか今のところ基準はないのですが、震源の深さ・約10kmから考えると、実際はそれ以上だったと思います)が起こったため、専門家の見解では日本各地で地震が起こりやすくなったそうです。
……この辺りの詳細は、私が述べるより検索して調べたほうがいいので割愛します。

11日からの地震の状況を見て、私は近日中に東京直下型大地震が起こってもおかしくないと構えています。
でも相手は自然だし、ジタバタしても無駄なだけので、「なるようになるさ」と思っています。

東京直下型大地震が起きた場合、私が住んでる周辺の危険度特性はAAA(相対的に危険度の低い町)、震度は最大で6強。
でもあくまでもこれは前提を作ってからの予想なので、どこが震源地になるのか&マグニチュードはいくつか&家屋がどこまで耐えられるかetc...で、かなり変わってきます。

道路が壊れて流通は完全にストップ、ライフライン死亡、救援物資が隅々まで行き渡るのがどのくらいかかるか不明、最悪の場合は1週間以上手持ちの食料で細々と食いつなぐ……くらいの想定はしてあります。
でも経済的にも置き場所的にも想定レベルの備蓄は無理。
……だから、せめて精神的な『備蓄』をしておこうと、10代の頃から既にそんな心積もりでいたと記憶しています。

いま、首都圏のお店から一部の生活物資が激減しています。
計画停電で交通機関が乱れています。
ガソリンも不足しています。(正確にはあるけど、スタンドとかに補充しに行けない模様)
……でも本当に東京直下型大地震が来たら、こんなもんじゃ全然済まないはずだから。

だけど過去、関東大震災から復興した。
近年の都市部直下型、阪神淡路大震災から復興した。
そもそも日本は、大震災が何度起こっても復興した。
もはや遺伝子レベルと言ってもいいくらい、日本国民は大震災から復興させる能力を持っている。
でなきゃこの地震大国に、マトモに住んでられないし。

色々書いたけど、いずれ来る東京直下型大地震、そう悲観することでもないですよ
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Floriental Times all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.