Floriental Times
FF5小説メイン同人サークル Floriental のブログ
森宮家の姉弟vs震度5の地震
東日本大震災と福島原発事故発生から今日で4週間。
被災された方々に、改めてお見舞い申し上げます。
未だ物資が行き届かない避難所などがあるとのこと、1日も早く改善されることを祈っております。
福島原発の現場で戦ってる方々には、本当にもうただただ頭が下がる思いです。
原発関連で風評被害に遭われている方々、どうかお気を強く持って、応援者が少なからずいることを信じて頂ければ幸いです。


昨夜、大きな余震がありましたね。
我が家の辺りは『感覚的に震度4に近い震度3』でした。
(ちょっと気になって、さっき調べたら、気象庁HPに【震度の算出方法】というのが載ってました。なるほどなるほど)

で、テレビつけてたら「岩手などで停電~」と流れてたんで、
「盛岡に住んでる(気弱で寂しがりやさんな)叔母さん、今頃あわあわしてるだろーなぁ」
……と思っていたら、やっぱり電話かかってきました。

「もしもし~。K子叔母ちゃんだよ~。そっち(東京)大丈夫~?」
と、開口一番もう本当に心細い感じの声。
……うん、こっちは「また本とか落ちまくったら片付け面倒~」なんて普通に余裕だったけど、盛岡は震度5強+夜中の停電で、怖いから安心したくて「大丈夫~?」って訊いてきたのね。
とりあえず、怖がる叔母さんを落ち着かせる感じで、私と弟の『耐震性』を話してみる。
叔母さんは「すごいね~」とか言ってたけど……ちょっと自分的には色々思うところが。

余談。
元々(用もないのに)よく電話かけてくる叔母さんだったけど、3月11日以来はしょっちゅうになったんで、ふと気づけば忙しいママさんに代わって、私が叔母さんの相手する役目になってたw


さて、ここから記事タイトルのお話。
【森宮家の姉弟vs震度5の地震 ~この行動って一体なんなんだ?~】

◎姉:2011年3月11日・東京練馬区の自宅にて
揺れ方から起動中のパソコンのハードディスクがクラッシュする可能性は低いと即座に判断し、万が一停電が起きたときのことを考えつつ、パソコンおよび周辺機器の守りに入る。
(UPS備えてるけどバッテリー寿命がヤバい状況だし、私のパソコンって何故かトラブル好きみたいだし)

◎弟:小学生のとき・岩手だったか宮城だったかの料理屋にて
周囲の大人達が慌てる中、親父に「テーブルの下に潜れ!」と言われても、黙々とメシを食い続ける。
(親からの伝聞だが、本人に訊いたらケロッとしてたんで、姉は「あ、こいつ絶対メシ食い続けてた」とナチュラルに判断した。弟の食い意地から考えて)

……えーと……真っ先に思うのは……「血は水より濃い」……かな?
つーか、姉弟そろって、なんか色々問題があるよーな気は思いっきりするんだけど……。
いやまぁパニックになるよりはマシなんだろーけど、揺れてる最中に下手に動くのも危ないんだけど、『大半の人が恐怖を覚える揺れ』とか書いてあるんですけど……震度5って……。
個人的には揺れの恐怖以前に「……物が壊れても買い替えるお金ないから落ちるなよ……」とかお財布が軽くなる恐怖を微妙に覚えてたし。

……この姉弟の『耐震性』、一体どこまであるのか、マジで検証してみたいというか……。
(それ、東京の『本番の日』とも云うんだけど)
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Floriental Times all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.